(介護予防)通所リハビリテーション

身体機能の向上や介護予防に少しでもお役に立てるリハビリをご提供したい。

ご利用者の「いつまでも自力で歩いていたい」、ご家族の「活動的なままでいて欲しい」という目標に向かって、それを実現するリハビリを目指します。

ご高齢者や障がいをお持ちの皆様の活動性の維持と介護を、社会全体で支え合う仕組みとして平成12年に介護保険が開始されました。その中でデイケアは皆様が地域社会で自立した生活を送れるように、通所リハビリテーションとしての機能を担ってきました。
そして、平成30年の医療制度改定に伴って、介護保険の要介護・要支援認定者に対する維持期・生活期の運動器リハビリは、医療ではなくデイケアで行われることとなりました(注1、2)。
当院ではその制度の変更に対応すべく、そして医療の下で行っていた、質の高いリハビリをこれまでと同様に皆様に継続して提供できるように、平成31年4月に整形外科クリニックにデイケアを併設して、(介護予防)通所リハビリテーション(1時間~2時間未満の短時間型リハビリ)を開始いたしました。
デイケアでは疾患の急性期から慢性期まで治療した経験を持つ理学療法士、作業療法士、柔道整復師が本格的なリハビリを提供します。日々勉強に励みながら新しい知識を取り入れて、個人個人の症状や運動機能に応じたプログラムを考案し、運動機能維持、向上を目指して的確なアドバイスをしていきます。
ご高齢者や障がいをお持ちの皆様が心身ともに健康であるために、スタッフ一丸となって支援をしていきます。

(注1)平成30年の医療および介護報酬の同時改定に伴って、要介護・要支援者に対する「医療保険の維持期・生活期の運動器リハビリ(理学療法士などと患者が1対1で行うリハビリ)」が平成31年3月で終了し、デイケア(介護保険の(介護予防)通所リハビリ)に移行することになりました。
(注2)維持期・生活期とは疾患・外傷の発症または診断から150日を超えた期間のこと。

より患者さまに寄り添い、患者さまの生活の向上にそして仙台市を中心に地域に根ざした医療を心がけております。

フィットネスクラブのような明るい雰囲気の中日常生活に必要な動作を個別もしくは集団で行います。
「立つ・座る・歩く・着替える・モノを取る・良い姿勢」など日常生活に必要な動作を無理なく行えるようにするための自立支援です。

包括的なトレーニングで自立支援を行います。


個人の状態に合わせて、リハビリテーションプログラムを作成します。


ストレッチ、基本動作の練習、筋力トレーニングなどを行います。また、体調や身体の変化に合わせた無理のないリハビリテーションをご提案します。


コグニサイズなど認知症予防の運動も行います。

このような方にもオススメです。

 

  • 体力に自信のない方
  • レクリエーションがすきな方
  • 運動をしたいけど、やり方がわからない方
  • より、健康になるために運動をしたい方
  • 日常生活をより、豊かに過ごしたい方
  • 丈夫で長生きしたい方
  • 日常生活をより、豊かに過ごしたい方
  • 旅行やスポーツをまだまだ楽しみたい方
  • 医療保険でのリハビリが終了した方

 

Q&A よくある質問

Q1. どの様な方にお勧めですか?

A1.病院に退院したあとにリハビリを継続したい方や、運動をしたいけどやり方がわからない方などにお勧めです。

Q2. 1日何時間くらいですか?

A2.1日1時間半ほどになります。スケジュール、内容についての中面の「一日のスケジュールの一例」をご覧ください。

Q3. どの様な運動をしていますか?

A3.徒手のほか、ゴムチューブやボール、トレーニングマシンなどを使った筋力トレーニングをメインに行っていきます。

Q4. どんなスタッフがいますか?

A4.病院や入所施設、通所などで経験豊富な理学療法士、作業療法士、柔道整復師が丁寧に対応いたします。

Q5. ほかの施設との違いは何ですか?

A5.運動療法を中心に、集団体操や物理療法機器を使用して、体力・筋力向上を図り、利用者様のQOL(生活の質)を向上に努めて参ります。

一日のスケジュールの一例

集団トレーニング (一例) 個別トレーニング
検温・血圧測定 9:00 検温・血圧測定
準備体操 9:15 個別トレーニング
〈休憩〉 9:35
体と頭を使った体操
・ロコモ体操
9:40
〈休憩〉
整理体操 10:00 マシントレーニング
〈休憩〉
マシントレーニング 10:05
帰宅 10:30 帰宅

時間割の一例

サービス提供時間 個別トレーニング
Aグループ
9:00~10:30
A-1 9:00~9:40
A-2 9:40~10:20
集団
トレーニング
Bグループ
10:30~12:00
B-1 10:40~11:20
B-2 11:20~12:00
集団
トレーニング
Cグループ
14:00~15:30
C-1 14:00~14:40
C-2 14:40~15:20
集団
トレーニング

ご利用単位・ご利用料金表

(介護予防)通所リハビリテーション

《ひと月につき》
 一割負担の場合の料金


要支援1の方 《1,712単位/月》 1,760円

要支援2の方 《3,615単位/月》 3,734円





通所リハビリテーション 区分:1時間以上2時間未満

《1回につき》
 一割負担の場合の料金


要介護1の方 《329単位/月》 340円

要介護2の方 《358単位/月》 370円

要介護3の方 《388単位/月》 401円

要介護4の方 《417単位/月》 431円

要介護5の方 《448単位/月》 463円



各種加算費用の例

加算 利用料
リハビリテーションマネジメント加算Ⅰ 341円
短期集中個別リハビリテーション実施加算 114円
生活行為向上リハビリテーション実施加算
(利用開始日の属する月から3月以内)
2,066円
生活行為向上リハビリテーション実施加算
(利用開始日の属する月から3月超6月以内)
1,033円
運動機能向上体制加算(要支援のみ) 232円


*負担割合によって利用者負担額は異なります。
*各種加算については、利用者それぞれで異なります。
*ご利用料金はご指定の口座からの引落しとなります。